ジャカルタの健康市場|都市部の中間層を中心とした健康意識の急速な高 まりを背景に市場が拡大

都市部の中間層を中心とした健康意識の急速な高まりは、ここ10 年で顕著になってきた。健康維持に目覚め始めた若者は、運動をし始め、食事にも気を使いだした。それに伴い消費者のニーズに応えるさまざまな健康関連の商品・サービスが増えている。人口増加と社会の成熟化を迎え、今後も健康関連ビジネスの市場の拡大が見込まれ、市場としての魅力が高まっている。国連の統計では、2016 年のインドネシアの人口の中央値は 28 歳、 30 歳以下の人口が 43% と若年層が多いことが特徴。国民 1 人当たり国内総生産( GDP )は 2016 年で 3,570 ドル(世界銀行)と、東南アジア諸国の中では中間に位置するが、 5 %台の安定した経済成長が国民の購買力を押し上げている。インドネシア、ジャカルタのヘルスケア市場をみる前に、同国・首都圏の概況を把握しておきたい。

都市部の中間層を中心とした健康意識の急速な高まりは、ここ10 年で顕著になってきた。健康維持に目覚め始めた若者は、運動をし始め、食事にも気を使いだした。それに伴い消費者のニーズに応えるさまざまな健康関連の商品・サービスが増えている。人口増加と社会の成熟化を迎え、今後も健康関連ビジネスの市場の拡大が見込まれ、市場としての魅力が高まっている。国連の統計では、2016 年のインドネシアの人口の中央値は 28 歳、 30 歳以下の人口が 43% と若年層が多いことが特徴。国民 1 人当たり国内総生産( GDP )は 2016 年で 3,570 ドル(世界銀行)と、東南アジア諸国の中では中間に位置するが、 5 %台の安定した経済成長が国民の購買力を押し上げている。インドネシア、ジャカルタのヘルスケア市場をみる前に、同国・首都圏の概況を把握しておきたい。